真木よう子滑舌が悪いのはなぜ?演技は上手い?下手?ドラマ『ボイス』動画もcheck!

真木よう子さんをご存じですか?

ボイス110緊急指令室に出演されました。

しかし滑舌が悪いと気になった方も多いようでした。

観るのを楽しみにしていたファンが「ガッカリした」という口コミも見られました。

 

本記事では真木よう子さんの滑舌についてまとめています。

演技力が無くなったのでしょうか。

滑舌が悪いのは脳の病気なのかと、心配をしている人も多いようhttps://www.instagram.com/p/YLinzhGBZw/?utm_source=ig_web_copy_linkです。

そして、真木よう子さんは在日韓国人の噂もあります。

『ボイス』動画なども聴いてみましょう。

スポンサーリンク

真木よう子さんのプロフィール

  • 生年月日 1982年10月15日(36歳)
  • 出身地 千葉県印西市
  • 身長 160 cm
  • 血液型 A型
  • 職業 女優、歌手
  • 事務所 そよかぜ 

小学生5年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思ったそうです。

中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、どうしても女優になりたかった真木は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可をもらったそうです

真木よう子「ボイス」の動画

滑舌が悪いと言われている真木よう子さんの

『ボイス』の演技を見てみましょう。

※110緊急指令室の橘ひかり役をされています。

【公式】3分でわかる!第1話振り返りダイジェスト!「ボイス 110緊急指令室」

 

確かに滑舌が悪いような気がします。

この役は、110番の電話越しに聞こえる様々な情報を分析し、樋口(唐沢寿明)らを迅速に犯行現場へ導く重要な役どころです。

それ故に真木よう子さんの役はセリフが多く、聞き慣れない専門用語が出てくるので、滑舌が悪く聞こえるのかもしれません。

 

演技は上手い?下手?

演技として上手いか下手かを問われると、素直に上手いとは肯定しづらい部分があります。

 

実際に、棒読みや滑舌の悪さで演技が下手と感じている人が多いようです。

【ドラマbiz】よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~ 最終回

こちらの動画は「ボイス」以前に主演として放送された「よつば銀行」です。

やはり、棒読みみたいに聞こえてしまうのではないでしょうか。

演技は下手と上手の中間が妥当なのではないでしょうか。

滑舌が悪い理由

真木よう子さんの滑舌が悪いと気になっている方の口コミを見ると、「脳関連の病気を患っているの?」という様に病気ではないかという口コミがありました。

調べた結果、脳の病気という情報は見つけることが出来ませんでした。

理由① 舌の筋肉が発達していない

滑舌の悪い主な原因として、舌の筋肉が発達していないということが挙げられます。

 

舌の筋肉が発達していないと、言葉の明瞭度(はっきりさ)が悪くなり、ろれつの回らない話し方になります。

 

しかしながら、舌の筋肉は自分で鍛えることもでき、人によってさ行、ら行、た行の滑舌が悪かった人は改善できる可能性も高いようです。

理由➁ 舌小帯短縮症

舌小帯短縮症とは、舌の裏にあるスジ(舌小帯)みたいなものが、生まれつき短い状態のことです。

舌運動の制限の程度によるが、乳児期には授乳障害、成長とともに器質的構音障害が生じ、舌が思うように動かせず、発音しにくいという特徴があります。

 

理由➂ 低位舌

低位舌とは
通常、舌の先端は上の前歯の根元についていて、舌全体が上あごについています。しかしながら、舌の筋肉が弱く舌が下に落ちていることがあり、この状態を低位舌(ていいぜつ)といいます。
この病気は、舌足らずを引き起こす原因とも言われ、滑舌が悪くなるそうです。

理由➄ 韓国人

真木よう子さんについて、「韓国人」との噂が以前からありました。

 

「焼肉ドラゴン」という映画で、焼肉店を営む父を持つ在日韓国人三姉妹の長女を演じたことが、事の発展になっているようです。

 

そして、真木よう子さんの本名は「金森蓉子」と言われており、漢字が珍しいことからも噂されるようになりました。

 

しかし、在日韓国人として有名な和田アキ子さんは滑舌が悪いという印象は無いので、在日韓国人だから滑舌が悪いというのはあまり考えられません。

 

まとめ

滑舌が悪い理由を断定する事は出来ませんでしたが、今後何か分かるかもしれません。

ドラマの内容は凄く面白いので、今後の真木よう子さんのご活躍を楽しみにしましょう!

 

人物
スポンサーリンク
寄り道のすすめ
タイトルとURLをコピーしました